ブドウ由来のプレミアム成分 アンチエイジングのカギを握る レスベラトロール

第4章 レスベラトロールの効果

脂肪肝予防効果

脂肪の生産抑制と燃焼促進の両面でサポート

レスベラくんが寄り添っているちょっと太めだけど健康そうな人と、でっぷりして不健康そうな人。

2006年、科学雑誌「ネイチャー」に発表された米国ハーバード大学のデービッド・シンクレア博士たちの研究によると、高カロリー食を与えたマウスにレスベラトロールを投与すると、肥満による悪影響が減少することがわかりました。

実験では、マウスを通常食、高脂肪・高カロリー食、高脂肪・高カロリー食+レスベラトロールの3つのグループに分けました。高脂肪・高カロリー食を与えられたマウスは肥満になり、肝臓が肥大化しました。しかし高脂肪・高カロリーの食事+レスベラトロール与えられたマウスは、体重は増えましたが、肝臓の大きさは普通食を与えたマウスとほぼ変わらない大きさに保たれたのです。

その後の研究でもレスベラトロールが肝臓で脂肪の生産量を減らして、同時に、肝臓の中の脂肪の分解を増加させることを示す実験結果が報告されるなど、レスベラトロールは、脂肪の生産の抑制と燃焼の促進の両面から、脂肪が肝臓に蓄積するのを止めることがわかってきました。