ブドウ由来のプレミアム成分 アンチエイジングのカギを握る レスベラトロール

第3章 長寿遺伝子を活性化させるレスベラトロールとは!?

レスベラトロールとは?

サーチュイン遺伝子に直接作用するポリフェノールの一種

おいしそうに食事をする人によりそうレスベラくんと、それをうらやましそうに見ているカロリー制限でつらそうな人(げっそり)

レスベラトロールは、ブドウの茎や皮などから抽出されるエキスの中に微量に含まれる成分で、ポリフェノールの一種です。赤ワインにも含まれています。

ハーバード大学のデービッド・シンクレア博士の研究チームは、このレスベラトロールが酵母の寿命遺伝子であるSir2(サーツー)遺伝子に直接作用し、活性化させていることをつきとめました。研究チームは試験管内で直接レスベラトロールを酵母菌に作用させ、酵母菌の寿命を70%伸ばすことに成功しました。また、カロリー制限をした酵母菌と、レスベラトロールを投与した酵母菌は極めて類似した生存曲線を示したのです。

その効果はマウスでも確かめられました。同じくシンクレア教授の研究チームは、高カロリー状態のマウスにレスベラトロールを投与すると、カロリー制限をしていないのにサーチュイン遺伝子が活性化され、寿命が延びたという論文を発表しています。

他にも、線虫や小魚など、さまざまな動物による実験が行われ、いずれも寿命が延びたという結果が出ています。これらの実験から、レスベラトロールはサーチュイン遺伝子に直接作用し、活性化すると考えられます。つまり、レスベラトロールを摂取することによって、つらいカロリー制限をしなくても、サーチュイン遺伝子が活性化し、老化抑制効果が期待できるのです。