スーパーカロテノイド アスタキサンチン身体を守る赤いパワー

第4章 美容と健康をサポートするアスタキサンチン

コラーゲンを守るアスタキサンチン

肌の弾力を保ち、シワを防ぐ

紫外線は表皮だけでなく、表皮の下にある真皮層にも大きなダメージを及ぼします。真皮層は皮膚の本体ともいえる部分で、コラーゲン繊維が網の目のようにはりめぐらされて、肌のハリや弾力をつくりだしています。この真皮層が紫外線のダメージを受け活性酸素が増えるとコラーゲン繊維が破壊され、肌はハリや弾力が失われて硬くなり、たるみやシワなどができやすくなります。

肌はもともとコラーゲン同士が橋をかけあうように結びつき、繊維をはりめぐらせています。これをコラーゲン架橋といいますが、コラーゲンがダメージを受け老化することでその結びつきが老化架橋と呼ばれるものに変性してしまいます。老化架橋が増えると肌は厚く、硬くなり、深いシワの原因となります。このコラーゲンの老化架橋をつくる原因は紫外線によって発生する一重項酸素だということがわかっています。さらに、一重項酸素はコラーゲン量そのものを減少させてしまいます。一重項酸素に対して絶大な抗酸化パワーを発揮するアスタキサンチンは、老化架橋や減少など、コラーゲンの変化を防ぎ、シワの抑制に大きな効果を発揮します。

お肌がぷりぷり、つやつやの女性をアスタキサンチンくんが守っている