スーパーカロテノイド アスタキサンチン身体を守る赤いパワー

第2章 脳と目に効くアスタキサンチン

大切な脳を活性酸素から守る

加齢による脳の衰えと脳疾患を予防

脳の中で活性酸素をやっつけるアスタキサンチン

脳は体の中で最もたくさんの酸素を必要とする器官で、その重さは体重の2%程度なのに、エネルギーの消費は全体の20%近くを占め、呼吸の際に吸い込む酸素の30~50%を消費しています。わたしたち人間がエネルギーを作り出す際に、いわば産業廃棄物として発生してしまうのが活性酸素ですが、エネルギー、酸素の消費量が多い脳では、絶えず大量の活性酸素が発生していると考えられます。さらに、脳の約半分は活性酸素の標的となりやすい脂肪でできています。このように脳は活性酸素によるダメージを最も受けやすい器官で、脳梗塞や脳出血などの脳疾患も活性酸素が深く関与していると言われています。


また、脳の神経細胞は加齢とともに減っていき、他の組織の細胞と違って、一度死滅すると再生することは極めて稀であると言われています。年齢とともに記憶力が衰えたり、思考力が低下したりするのはこのためです。ただでさえ減っていく神経細胞が、活性酸素のダメージによってさらに減ってしまっては大変!生命活動の中枢である脳を活性酸素から守ることは、わたしたちが生きていくうえでとても重要なことです。

もちろんわたしたちの体には活性酸素に対抗する酵素が備わっていますが、体内でつくりだされる抗酸化酵素は、加齢とともに減っていきます。脳の老化を最小限に抑えるためには、抗酸化作用のある物質を食べものなどで日常的に補っていく必要があります。中でも、脳の「関所」血液脳関門を通過することができ、強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンには、脳の衰えを防ぐ効果や、脳疾患予防への期待が高まっています。