スーパーカロテノイド アスタキサンチン身体を守る赤いパワー

第1章 アスタキサンチンとは

老化・病気の元凶活性酸素

活性酸素の除去が健康の秘訣

わたしたち人間は生命を維持するために必要なエネルギーを得るため、絶えず酸素を消費しています。けれど、酸素の一部は体内で代謝される過程で活性酸素と呼ばれる状態に変換されることがあり、この活性酸素がさまざまな物質に対して化学反応をもたらし、細胞を酸化させて損傷を与えることがわかっています。現在ではがんや生活習慣病、老化や認知症など、あらゆる病気の発生に活性酸素が深く関わっていることが知られています。

食事でとった糖や脂肪を原料にエネルギーを生み出す際に、いわば産業廃棄物として発生するのが活性酸素です。また外部から入り込んできた細菌やウイルスなどの異物を排除するときにも活性酸素がつくられますし、紫外線や排気ガス、たばこ、化学物質、食品添加物、ストレスも活性酸素を増やす原因となります。

もちろん、体内には活性酸素を消去、あるいは除去し、無害化する抗酸化酵素と呼ばれる物質も存在しています。しかし、活性酸素の原因物質や要因が増加している現代社会では、細胞内の酵素だけでは大量に発生した活性酸素を分解しきれなくなってしまうことが心配されます。また抗酸化酵素は加齢とともに減っていきます。歳をとると老化がすすみ、病気になりやすくなるのはこのためです。活性酸素の除去がいつまでも若々しく、健康でいるためのポイントだったのです。