1. トップ
  2. 身体を守る赤いパワー スーパーカロテノイド アスタキサンチン
  3. 天然色素カロテノイド アスタキサンチンとは

スーパーカロテノイド アスタキサンチン身体を守る赤いパワー

第1章 アスタキサンチンとは

天然色素カロテノイド アスタキサンチンとは

多くの生物が利用する植物由来の抗酸化成分

サケ、イクラ、フラミンゴ、エビ、カニなどの写真

アスタキサンチンは自然界に広く分布している天然の赤い色素で、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種です。トマトのリコピンや人参のβ‐カロテンなどのカロテノイドは活性酸素を消去する「抗酸化作用」をもつ成分として最近注目されていますが、中でも他を抜きん出た強力なパワーをもつアスタキサンチンは今最も注目の成分なのです。

動物はアスタキサンチンを自ら作り出すことはできません。第一生産者であるヘマトコッカスと呼ばれる海の藻類をオキアミなどの動物プランクトンが食べ、さらにエビ、カニ、魚類、というように食物連鎖によってさまざまな生物の体に取り込まれています。したがってアスタキサンチンは植物由来のカロテノイドです。

サケはもともとマスと同じ白身の魚ですが、アスタキサンチンを筋肉中に溜め込んでいるためにいわゆるサーモンピンクになっているのです。産卵のために川を遡るサケは、たくさんの酸素を取り込むので体内で絶えず活性酸素が発生し、筋肉に大きな負担がかかります。その活性酸素を消去するために筋肉中にたくさんのアスタキサンチンを備えていると考えられます。さらに産卵の準備が始まると、メスは卵(イクラ)へアスタキサンチンを移行させます。紫外線の影響を受けやすい浅瀬に産み付けられる卵のDNAを守るためです。

このように、生物が抗酸化、抗疲労、抗炎症、免疫強化、持久力強化といった生存の戦略として利用しているアスタキサンチン。わたしたち人間にも効果があるのでしょうか?

鮭 蟹